ジャパンスネークセンター(2)

日曜祝日は、有料(1000円)でニシキヘビとの記念撮影やってます。

撮影を頼むと、係の人が、ヘビ容器(?)から慣れたニシキヘビを出してくる。

こういう感じで、ポラロイド&自分のカメラでパチリ。

このヘビ、触られ慣れていておとなしいのに、口にセロテープ巻かれちゃって、哀れ。

ヘビを恐がる客対策らしい。

この建物、2階部分に恐竜模型があり、背景も描かれていて、ジオラマのつもりらしいが、あまりのボロさに涙・・・。

10年くらい前に行った時、ここは何も無い吹き抜けで、一階のヘビがマウスの赤ちゃんを食べるのを眺めることができて楽しかったんだけど・・・。この、ヘビのお食事ショー、一部の客から「残酷だ」という指摘があり、取りやめになり、その後、このショボい物件が作られたらしい(哀)

だけど、ヘビがネズミ食うのって普通じゃないの? これが残酷なら、マザー牧場でヒツジのショーを見た後、ジンギスカンを食っている人間って・・・。

今回は冬だったのでやっていなかったが、暖かい時期は日曜祝日、「シマヘビと遊ぼう」コーナーが開催される。

この写真はGWに撮ったやつだが、大盛況だった。

特に子供は嬉しそう。

「ヘビを振り回さないで下さい」「汚い水に入れないで」「二匹まとめて持たないで下さい」

係の人、大忙し。

私、このコーナー、2回も参加してしまった。

ここのシマヘビ、慣れているので、噛まない。

林道で捕まえたシマヘビは、攻撃的で、私の指(グローブはめてた)にかみついて、飲み込もうとしたやつがいた。

野生のシマヘビを素手で触るのは危険かも。(寄生虫もいるらしいし。)

それにしても、いや〜、ホントに可愛いわ。

やっぱり、ふれあい楽しむなら、春〜秋の日祝に行くべし!

このシマヘビは持ち帰り禁止だが、今回、アオダイショウの子供が2000円くらいで売られていた。

お昼はもちろんヘビ料理!

レストランの奥の方に、隔離された区画があって、そこがヘビ料理専用テーブル。

マムシミートボール(1000円)。

焦げ気味で小骨が入っていて、あまりおいしくない。

ゲテモノの類。

マムシの唐揚げ(1000円)。

同上。ゲテモノ。

マムシ料理って、ハンバーグ(3000円)もそうだったけれど、どれもこれも皆、小骨が入ってる。

こちらはシマヘビフルコース(5000円)。

ヘビ肉の骨を取り除いたものがスパイシーに味付けしてある!これは旨かった!

料理の人にきいたら、シマヘビはマムシに比べて、骨が硬いため、骨を取り除かない
と料理できず、マムシフルコース(4000円)に比べて、割高になるそうだ。

他、マムシ蒲焼き、マムシスタミナラーメン等もあった。

メニューには載っていなかったけれど、ヘビの踊り食いもあるのでは?という噂も。誰か頼んでみる??

★2005年の再訪レポ

→「ジャパンスネークセンター(1)」に戻る