軽部神社

阿伏兎観音に引き続き、【乳神様その2】軽部神社に寄ることにした。軽部神社はツーリングマップルに載っているのでだいたいの場所はわかったが、現地に案内看板類一切無し。清音駅周辺をうろうろし、人に道を訊こうか?と思ったが、あまりひとけもないので、駅の東側の山のふもとあたりだろう、と目星をつけ、探してみたら鳥居発見(^_^) 軽部神社は阿伏兎観音と違い、無人の神社だった。別名王子の宮というこの神社は、境内に垂乳根(たらちね)の桜という大樹があることから、乳神様として信仰されるようになったそうである。境内を探したのだが、どれがその桜か不明だった。

このお堂の中に乳絵馬が奉納されている。
四方の壁に乳絵馬が整然と吊り下げられていた。

なんか小さな虫がぶんぶんぶんぶん言って嫌な感じなので、シャッター切りまくり、早々に退散した。乳の出がよくなりますように、という願い事の他、乳ガンが再発しませんように、という切実なお願いもあった。

【関連】
間々観音