菓子舗・櫻田
ラーメン風プリン

掲示板で「酒田の菓子舗・櫻田という店でラーメン風プリンをやっている」という情報を頂いた。そこで、事前に予約して食べに行くことにした。

東京から徹夜走行で8時半頃、菓子舗・櫻田に到着。外観はごく普通の和菓子屋さんだ。

ショーケースの中にはラーメン風プリンが1個入っていたが、私は昨日電話で予約しておいたので、これとは別のラーメン風プリンが出てきた。店内のテーブル(椅子は二人分)で食べることにした。

浅めのどんぶりに入っていたラーメン風プリンは汁の部分がゼラチン、その下の層はモンブランだった。見た目は本当にラーメンみたいだ。キーウィ、苺、マロン、薄いチョコレートなどが載っていた。

食べてみたら、ゼラチンの下がプリン。底にカラメルソースが入っていて、味は本格的。

美味い美味いと言いながら食べたが、三分の二くらいでお腹いっぱい。最後は根性でかきこんだ(苦しい)。車の場合、持ち帰りできるらしい(賞味期限が短いが)けれど、バイクの場合無理なので、一人で来てしまった以上、仕方がない(ノД`)

おばさんがサービスでお店で作った「松山饅頭」を下さったが、もちろん食べられなかった→持ち帰り。

腹ごなしに店内をうろうろするついでに、掲示してあった新聞記事を読んだ。
この変わり種プリンは5年くらい前に店主の櫻田幸夫氏がシャレのつもりで作ったものだそうだ。クチコミで評判が広まり、現在ではこの店の定番商品になり、新作も加わっているとか。

おばさんが出てきて、私が一人で全部食べてしまったので驚いていた。平均的な女性なら完食できなかったと思われる(^_^;)

この日は酒田に一泊することにしているので、明朝もう一回チャンスがある。さてどうしよう・・・と考えていたら、おばさん「カニ玉風プリンはモンブランが無い分、軽いです」とのこと。ということで、カニ玉風プリンを予約した。

二日目は菓子舗・櫻田に8時過ぎに到着。

これがカニ玉風プリン(1050円)。

プリンの上にケーキ生地、その上にクリームの層、最上部がゼラチンで、一見、卵とじになっているように見える。上には苺やキーウィがちりばめられていた。
美味しいです(^_^)
おばさんの話のとおり、モンブランが入っていない分軽く、普通に食べられた。

この日はお店で売られている煎餅二種がおみやげについた。おばさん、ありがとう(^_^)

この他、櫻田には以下のようなそっくりスイーツがある。画像は店内に掲示されていた写真を撮影したもの。

冷やしラーメン風プリン(夏季限定、1050円)
鍋焼きうどん風プリン(冬季限定、1050円)

オムライス風苺ムース(1050円)
きつねそば風プリン(1050円)

この他、ちらし寿し風プリン (1260円)、冷し中華風プリン(夏季限定、1050円)があるそうだ。

●菓子舗・櫻田
山形県酒田市字肴町15、0234-62-2062
8〜19時、不定休
そっくりスイーツは前日までに予約が必要。